夢には旬がある。映画「塔の上のラプンツェル」が教えてくれた夢追い人への応援メッセージ。

 -Menu- 夢に迷った時に観たい映画「塔の上のラプンツェル」 夢は、旬物。夢は盲目であれ。 何もなくても自信さえあれば不思議と運が付いてくる。 魔法の髪〜桃とハーブの冷製パスタ〜 レシピ 夢に迷った時に観たい映画「塔の上のラプンツェル」 【 塔の上のラプンツェル 】 これを読んでくださっているあなたには夢はあるでしょうか?大きい夢でも小さい夢でも。今夢があるという人もいれば、かつてはそんなものがあった気がするという人もいるでしょう。映画「塔の上のラプンツェル」をいろんな視点で観た時に、子供向けのこの映画は夢に迷った大人に届くと何かヒントになるのではないかと思ったんです。 夢を追っている人って、大人になる程「わぁすごいね」なんて言われたりします。きっとそう言ってくれる人にしてみると自由に生き、輝いているように見えるからです。ですがそんな私たちも、自信がなくなることは常日頃ありますよね。正解は自分の中にしかないからこそ迷い、苦しい壁にぶつかったりもします。今日はそんな時にはどうしたらいいのか、書いてみました。 ある王国のお姫様として生まれたラプンツェル。彼女が生まれた時、王国中が喜びと愛に満ちました。しかし、ある花の魔法で髪には魔法の力が宿っていました。切ってしまうと効果がなくなってしまうその髪を手に入れようと老婆ゴーテルは彼女をさらい、森の奥の塔の中で自分が母親と偽って育てるのでした。物語は彼女の18歳の誕生日。自分の誕生日になると空に現れる不思議な灯りをどうしてもみたい、と初めて塔の外へ出る決意をしました。勢いよく出発したものの、親に嘘をついて塔を出たことを幾度も後悔しウジウジ悩んでは強気になることを繰り返す彼女の夢を一緒に叶えたのは、指名手配中の泥棒フリンでした。実はこの灯りは、王国で彼女の無事を願って空に放たれていました。幻想的な空の景色に魅了されるそんな映画です。   夢は、旬物。夢は盲目であれ。   「夢があるからバイトしてます」という台詞は、使い続けると言い訳になる。これは私自身の教訓です。 夢を追う人々が「お金をあげるから好きにやってみなさい。ただ、お金以上の保証はしないよ。」と言われたらどうするでしょうか。勢いに乗って行動する人もいれば、えっちょっと待てよ、そう尻込みをしてしまう人もきっといるでしょう。 今の自分にはまだ。このレベルにならないと。あれが足りない。これが心配…etc. 準備不足を理由に自信をなくしてしまうパターンです。そうなってしまったら自信をつけようと、新たな勉強、修行、出会いを探し、そして生きるために必要なお金を稼ぐためにライスワークに励む。ライスワークで褒められたり成果を上げると一人前になったような気がして成功体験にはなるけれど、それは夢を叶えた一歩ではありません。 向き合うべきはライフワーク(夢の実現)なのに。「いつか」と思っているうちに夢の旬は終わってしまう。(もちろん強い意志のある人はブレずに生きて行く事が出来ると思いますが) いつか、とまた言い訳をして先送りにしてしまう要因としてコンフォートゾーンから出ることへの恐怖があります。 「やりたいなら今すぐやればいいじゃんっ!自信がないなんて言い訳だよ。」 そう言われてグサッとこない夢追い人はいません。実際私も、そのたった一言に悔し泣きをしたことがあります。心がズキンと痛んだ深さだけ、図星でした。どこかに属して何かのブランドに守られているのとは違い、自己主張でやっていく、というのは怖いものです。慣れてきても時々ふと、とても怖くなる。時には否定や無視、受け入れられなかったり、理解されないこともあります。実は共感や感動してくれる人たちは沢山いるのにも関わらず、一度そんな経験をしてしまうと、繊細な人ほどまるでPTSDのように何かの拍子に襲ってくるものですよね。 すると、自分にできることなんて何もないんじゃないかと考えてしまう。これが夢追い人の障害になるんです。 何もなくても自信さえあれば不思議と運が付いてくる。 夢を叶えるために必要なのは知識や経験でも技術や才能でもなければ、運でもありません。最強の武器は強きメンタルだと常々感じます。何もなくても自信さえあれば、不思議と運が付いてくるものです。 考える前に行動してしまうのが一番夢を叶えやすい方法です。とはいえ、熟考するタイプの人が悪いというわけではありません。どちらかというと、よく考えて作戦を練ってから行動するという人は、チームの中にとても必要な存在です。ですがもし、それがネックになっているという時にはたまには直感で動き出してしまいましょう。もしくは、行動的な人と話をすると動きやすくなります。 思った時がやるべき時。今すぐ、それがタイミング。動き出したら他の選択肢 … 続きを読む 夢には旬がある。映画「塔の上のラプンツェル」が教えてくれた夢追い人への応援メッセージ。