ABOUT

映画から連想する料理のcinemanma!(シネマンマ)

 

cinema(映画)、mamma(食)、humanity(人間関係)の造語。

わたし小山嶺子が映画を見た感想として、映画の台詞やシーン、登場人物の感情から連想した料理を作っています。そこからさらに想像力を広げてエッセイブログを書いたり、プライベートレストランとして実際に料理の提供も行っております。

映画を観た後、人生がちょっと良くなったような気持ちになることがある。

映画の中に観る人生は、きっと誰かの毎日にヒントをくれるはず。

たった2時間だけでも心配事を忘れさせてくれるならそれは素晴らしい体験だ。

映画をもっと身近に、そして食とストーリーを繋ぎ、非日常的な食体験を届ける。

それがcinemanma!(シネマンマ)のミッション。

あなたがHAPPYでいたら家族やあなたの周りも少しHAPPYになり、その周りもまた少しHAPPYに…
そうやってちょっとずつポジティブな連鎖が生まれる。
cinemanma!を体験した皆様の人生が、カラフルに彩られますように。

 

Live, Love, Laugh, Be…”more HAPPY”
Thank you

Mineko Koyama