BLOG

パーティー主催者の心得とは?人見知りを助けるパーティー料理のレシピ公開

 

映画から連想する料理のcinemanma!主催のMinekoです。

連想料理研究家として、世の中の様々なことから連想して出張料理をしています。

このサイトでは『明日笑顔になるヒント』をテーマに映画やエッセイ、料理をアップしています。

眠れない夜にぜひ、遊びに来てくださいね。

 

 


人見知りは長所!


 

皆さんは人見知りをするタイプですか?

 

私は人見知りもするし、考えすぎだし、気を使いすぎる性分です。考えなくてもいいことを考えすぎるので、大事なことが抜けてしまう。自分の日常を生きるのは割と下手くそです 🙄

 

でも、それも自分の良いところ!と思わないとやっていられません!笑

 

私は自分のそんな気を使いすぎる性分があるから皆さんに喜んでいただける料理が作れると思っています  😉

 

今日はそんな私が考える『パーティー』の心得をちょこっと書いてみました。

 


パーティーホストの心得とは?


 

最近ではご自宅でも持ち寄りパーティーをする人が多いし、レンタルスペースを使ってカジュアルに異業種交流もあると思います。

 

だからこそ、パーティーホストを務める機会だってあるはず。そんな時のために、これだけは覚えておいてください!

 

パーティーの雰囲気を作るのは『主催者の想い』です!

 

出張料理や主催のイベントで、これまで様々なパーティーに出席してきましたが、主催者の気持ちや気分、こだわりがゲストの過ごしやすさにリンクします。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉そのまま。
主催者と近いモチベーションのゲストが、パーティーを楽しむことができるんです。

 

そんなの当たり前だよ、と思われるかもしれませんが、パーティーを主催するなら来てくださったゲスト全員を楽しませるのがルールです。

 

わざわざ会場まで足を運んでくださること、会費を払ってくださること、同じ時間を共有してくださることは心底ありがたいことです。

 

パーティーを主催することが多くなると、そんなことを忘れて人集めやコンテンツばかりに気を取られてしまいがちです。

 

でも、パーティーを楽しい空気感にするのも、上質な気配を漂わせるにせよ、すべてはゲストの表情や心情が影響します。

 

それはつまり、ホストがどれだけゲストのことを考えているかに影響するということです。それが欠けていると、自己満足や忖度、社交辞令ばかりのつまらないパーティーになってしまいます。

 

それってすごくつまらないし、誰も嬉しくない。

 

だからパーティーの主催者は、どんな人が来てくれるか想像して、料理やテーブルのレイアウト、会場選びをしてみてくださいね。

 

 


レシピを更新しました!


 

パーティー料理の大定番といえば『キャロットラペ』!

 

ありきたりなんだよなぁ、と思いつつ私もやっぱり作ります。

 

その理由は、人見知りさんの気持ちになった時この料理が絶対助けになるからです!

 

パーティーのホストは、どんな人を楽しめるように工夫をしてみることが大切です。その想いって絶対に伝わるからね 😉

人見知りさんの心情に寄り添ってレシピを考えてみました。noteにレシピを公開したので読んでみてくださいね^^

 

人見知りを助けるパーティー料理「キャロットラペ」の寄り添いレシピ
こちらからどうぞ▲

 

Live, Love, Laugh, and…Be “HAPPY”

Thank you

2018.11.23

Mineko Koyama

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *