ESSAY

「ハドソン川の奇跡 」ホットウィスキー

MENU

  1.  cinema,
  2.  I like this “SCENE”
  3.  cinemanma!

cinema,

【ハドソン川の奇跡】
ハドソン川に不時着した飛行機の操縦士の話

IMG_7989.JPG

http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/sp/


[this is the “STORY”…]

『2009年1月15日、真冬のニューヨーク。安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。』


この物語は主人公サリーの表情を映す時間が長い

彼の不安や恐怖と信念を画面いっぱいに魅せる

目の前に広がる川の水に、とてつもない恐怖で

思っていたよりもリアルな恐怖体験が伝わってきたように思う

少し薄暗いハドソン川の景色からは、実際に凍りつくような寒さだったのだろうと連想できたし、乗客がみんな人生の終わりを考えたであろうことも連想した

人は不安な時、自分で自分を抱きしめるもの

img_7982

乗客はみんな旅先のストーリーに期待して搭乗しただろう

もしかしたら、真剣にこの映画を観たら家族を思う気持ちが強くなるかも?


[I like this “SCENE”]

終わりの頃のシーン、公聴会にてサリーは言う
僕は英雄ではない
相当な数の人の力だ全てのみんなのおかげだ、と言い切る

155人というのはただの数字だ
だけど155の人生があり、その背景には家族や友人もっと沢山の数字があるんだ
だから1も155も同じように尊い

みたいな事言ってたような気がする

この言葉だけでこの映画を観る価値があった気がした

上映時間が思っていたよりも短かったけど

エンドロールでこの事件に関わった人数と時間を見て、96分というコンパクトなストーリーに納得した

そしてラストシーン
「私はカード係で皆さんからの感謝のカードを読んでます
それに救われているし、その言葉に本当に感謝しています」

と奥さんが言う

「ありがとう」に「ありがとう」を言うって心が綺麗な方だなと思います


cinemanma!

わたしはこの奇跡に、
磯の香りとピート感が独特のシングルモルトウィスキー「ラフロイグ」を連想します

BARに駆け込むシーンでは、神経が過敏になっているサリーとテンション高めな店主との相性はあまり良くなさそう

そうっとしておいて欲しい時ってあるよね

そんな夜は、冷えた体と不安な心にホットウィスキーを一杯

温めると少しまろやかになるウィスキーは、女性だったら柑橘系のフルーツやハーブを入れてもいいかも

FullSizeRender 4.jpg

fullsizerender-5ちなみに最近教えてもらったスモークナッツとの相性はso good!!
試してみてねっ♡

BARを一歩出たら少しモヤモヤは晴れるかな?

人はいつだって希望を求める♡

img_7990

FOOD INGREDIENTS⇨whisky/mix nuts/herb/fruits

BACK TO MENU

thank you
from and_MATILDA.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *