ESSAY

「トイ・ストーリー」プリン・ア・ラ・モード

-Menu-
  • 大人から子供へ。子供から大人へ。
  • 『君はともだち』
  • プリン・ア・ラ・モード

大人から子供へ。子供から大人へ。


出産祝いの「お祝い返し」パーティーを依頼されました。

ただ料理を提供するだけではcinemanma!らしくないので、お祝いをしてもらった赤ちゃんが主催する大人たちへの感謝のパーティーを隠れテーマにしてみました。

赤ちゃんは、沢山のプレゼントを頂きますよね?

オムツや洋服、そしておもちゃ。。

そんなわけで今日の映画は『トイ・ストーリー』です!

 

『君はともだち』


【 トイ・ストーリー 】

映画『トイ・ストーリー』はディズニーの大人気作品。

おもちゃで遊ぶのはやさしくて元気な男の子アンディ。アンディの大好きなおもちゃたちには秘密があります。

彼らは実は生きていて、話したり自由に動き回ることができる。ただそれを知られてはいけないというのが「おもちゃのルール」です。

アンディのお気に入りはカウボーイ人形のウッディ。二人は大親友と言えるほどの仲でした。そこに誕生日プレゼントとして新しくやってきたのがスペース・レンジャーのバズ。

この二人がライバルとして描かれたのが第1作目。

映画「トイ・ストーリー」は主役のウッディをリーダーに、周りのおもちゃたちがコミカルに映し出されます。それぞれのキャラクターが可愛くてファンになるんだけど、やっぱりウッディがいてこそなんです。

2作目は新たな仲間との大冒険、3作目は大人になったアンディと役目を終えたおもちゃの胸が痛くなるようなお話が描かれました。

トイ・ストーリー1が公開された時の私の年齢とアンディは同じ年だったので、共感することも多く、特に3が公開された時には作品と一緒に成長したような気持ちになりました。

 

cinemanma!


プリン・ア・ラ・モードって…“大人”になっても心の中ではしゃいでしまう食べ物。

カスタードプリンを主役に、色々なフルーツやアイスクリームを飾った見た目にも楽しそうなデザート。

子供が子供らしく、大人が子供のようにワクワクしてしまうような楽しさがあります。

そんなデザートを出産祝いのパーティーで作ってみました。

 

プリン・ア・ラ・モード

FullSizeRender 44.jpg

新しいモノを手にすると古いモノには興味がなくなってしまったり、成長とともに必要がなくなってしまうモノもあります。

だけど、ウッディと持ち主のアンディのように深い絆で結ばれることだってあります。特にトイ・ストーリー3では、大人になったアンディと遊ばれなくなったおもちゃ達のお話が多くの人の共感を受けました。

ネタバレをすると、おもちゃ達は次の子供達にプレゼントされ、また子供たちを楽しませることでハッピーエンドに。世界中がホッとするラストでした。

頂いたプレゼントは大切にするね!という赤ちゃんからのメッセージを込めてみました。

一方で、この映画はおもちゃたちの“友情”がテーマでもあります。悪口を言い合ったり喧嘩したり、時にはライバルにもなるけれど、やっぱりみんなで一緒にいるのが楽しい。そんな姿を見る観客は、こんな友達がいたら楽しそうだと思うでしょう。

素敵なともだちを作ってね!という大人たちからのメッセージも掛けてみました。

そして何と言っても…何気にウッディはプリンカラーなんです。

 

子供のお話なのに大人のファンも多いトイ・ストーリーと「プリン・ア・ラ・モード」

オトナとコドモを繋ぐ映画です。

38ebeb43-e259-4687-beb9-1165892235ac

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

2017.12.04

Live, Love, Laugh…and Be “HAPPY”

Thank you
from Mineko Koyama

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *