PROFILE

小山嶺子 / Mineko Koyama

フードディレクター / エッセイスト

1989年静岡生まれ。

武蔵野大学環境学部環境学科住環境専攻に進学し、インテリア設計や写真編集、本作りを学ぶ。その後、レコールバンタン・カフェ&バリスタ専攻に進学しカフェ業界に特化した食のスキルを学ぶ。

卒業後はD&DEPARTMENT DINING TOKYOでバリスタとして従事後、神奈川県の個人経営ダイニングVivere La Vitaにて店舗責任者兼シェフとして勤める。この店舗では、料理、ドリンクのメニュー開発からレシピブック作成まで担当し、その経験が基盤となって2015年、地元である静岡に拠点を移し「映画から連想する料理のcinemanma!(シネマンマ)」というプロジェクトを始める。

2018年から店舗という一定の場所での活動を辞め、「お店を持たないフリーランスの料理人」として本格的に出張料理やプライベートレストランを始動。

その他、静岡県三島市のCafe Arteでのコンサルティングやフリーマガジンでのレシピ掲載など幅広く活動している。また、「自由に生きるための道具箱ORDINARY(オーディナリー)」にて自身の活動を題材にしたエッセイを執筆している。

また、静岡県沼津市の「Antique door」と「小商い研究室」連携した二つのコワーキングスペースに入居し、まちづくりに関わりながら連想料理の研究をしている。