PROFILE

小山嶺子 / Mineko Koyama

フードディレクター / エッセイスト

 

− 空腹を満たすためではなく、ストーリーを食べる。食でつくるエンターテイメント体験。 −

 

1989年静岡生まれ。

武蔵野大学住環境専攻に進学し、インテリア設計や本作りを学ぶ。その後、レコールバンタン・カフェ&バリスタ専攻に進学し、カフェ業界に特化した食のスキルを学ぶ。

卒業後はD&DEPARTMENT DINING TOKYOでバリスタとして従事後、神奈川県の個人経営ダイニングにて店舗責任者兼シェフとして勤める。この店舗では、料理、ドリンクのメニュー開発から担当。その経験が基盤となって2015年、地元である静岡に拠点を移し「映画から連想する料理のcinemanma!(シネマンマ)」というプロジェクトを始める。

2018年から店舗という一定の場所での活動を辞め、「お店を持たないフリーランスの料理人」として本格的にプライベートレストランや飲食店コンサルタントを始動。

現在は各プロジェクトに加え、フードスタイリングのパフォーマンスやレシピ掲載など幅広く活動している。また、「自由に生きるための道具箱ORDINARY(オーディナリー)」にて、自身の活動を題材にしたエッセイを不定期で連載中。