WORKS

映画「パディントン」から連想するマーマレードのお日様サンド

子育て情報誌『Cole to Colette – コレトコレット -』にサンドイッチのレシピを掲載していただきました。

 

今回は、映画『パディントン』から連想するサンドイッチを作ってみました。

 

 

くまのパディントンはマーマレードが大好物。瓶に顔を潜り込ませて、そのままペロペロ、パンに塗ってサンドイッチに。サンドイッチはいつも帽子の中に入れて非常食にもしているんですよね。

 

その理由は『マーマレードサンドイッチ1つで、くまに必要な1日分のビタミンとミネラルが全部取れるのから』なんですって。

 

これが、シンプルなんですが、なんとも美味しそうでならない。いつも天気の悪いロンドンの街を明るくするような、太陽みたいに鮮やかなオレンジ。純粋な甘さが、まるでパディントンそのものみたい。

 

そろそろ暖かくなってきたので、私もサンドイッチを持って街へ出かけたい。映画を観た後にっこり気分になりました。

 

そんな映画から連想するのは、ヒトの子供の1日分の栄養を詰め込んだ、おひさまと一緒に食べるサンドイッチ。

 

あなたもきっと、いつもより楽しくてニコニコ。

 

『さあ、今日は街に繰り出し冒険だ。』

 

サンドイッチを包んで、どこへお出かけしましょうか?

 


ピクニックへ行こう♪マーマレードのおひさまサンド


《材料》 4人分

・お好みのパン(小さなお子様は柔らかい白パンがオススメ)4人分
・サニーレタス 3枚
・豆苗 1/2袋
・マスタード 適量
・マーマレード 適量

(オレンジ煮込みポーク)
・豚ロース薄切り200g
・マーマレード 大さじ1 
・オレンジジュース 150ml
・塩、胡椒 適量

(コールスローサラダ)
・キャベツ  1/4個
・人参 1/2本
・卵黄 1個分
・マスタード 小さじ1
・マーマレード 大さじ2
・塩 少々
・酢 大さじ1
・サラダ油150ml

 

 

※豚ロースに、塩、胡椒をまぶし、オレンジジュースとマーマーレードをよく揉み込み、浸しておきます。(漬ける時間は約15分ほどでOK)

 

 

①まずは、サンドイッチに挟むコールスローサラダを作ります。キャベツと人参は水洗いして、千切りにします。ボウルに、キャベツ、人参、塩を少々入れ、揉み込みましょう。

 

②ドレッシングを作ります。ボウルに酢、塩を少々、マスタード、卵黄を入れ、ホイッパーで合わせます。均一に混ざったら、サラダ油を加えながらよく混ぜます。もったりクリーム状になったらマーマレードを加えてさらに混ぜます。

 

 

③①の野菜をキッチンペーパーに包んでよく絞り、水気を切ったら②に加えてよく合わせます。これで、具材のコールスローサラダが完成です。

 

 

④漬けておいた豚肉をフライパンで焼きます。水分を飛ばすようにオレンジジュースを煮詰めるのがポイントです。(こうすることで、お肉にしっかり味がつき、パンに汁が染み込むのを防ぎます。)

 

 

⑤パンにマーマレードを塗り、その上にサニーレタス、④のオレンジ煮込みポーク、食べやすく切った豆苗、③のコールスローを乗せます。もう一方のパンには、マスタードを塗り、サンドしましょう!

これで、マーマレードのおひさまサンドが完成♪

 

 

ね、簡単なのににっこりしてしまう美味しさでしょう?

 

小さなお子様には柔らかい白パンがオススメです。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

掲載:情報誌『Cole to Colette – コレトコレット -』

Photo & Recipe :Mineko Koyama

 

Live, Love, Laugh, and Be…”HAPPY”.

2019.04.17
Mineko Koyama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です